沿 革

沿 革

昭和53年11月
共栄機器産業株式会社設立資本金150万円
昭和59年05月
株式会社サンメクトと業務提携
昭和59年05月
自動ラベル貼り機及び省力機器設計制作開始
昭和60年09月
所沢市東所沢駅前に本社開設経理部門移転
昭和60年10月
所沢市坂之下に精密機械加工部門株式会社共栄精機開設資本金300万円
平成04年
株式会社ブリヂストンと技術提携塗装ロボット(アプルス)の開発開始
平成05年
塗装ロボット(アプルス)を株式会社ブリヂストン依頼により生産開始
平成06年
NCT VIPROS357及びNC-MP(インテリジェント供給ロボット)
導入により全自動生産稼動(板金加工部門)
平成06年
NCフライス(オオクマホーワ製)導入し、ロボット生産アップを計る資本金1200万円に増資
平成08年
NCプレスブレーキ125T導入板金加工部門曲げ加工の生産アップを計る
社内に設計部門導入技術力アップを計る
平成09年
入間市狭山台工業団地内に新工場建設(土地 990m²  建物 756m²)
板金加工部門を移設し効率アップを計る
平成13年5月
入間市狭山台工業団地内に第2工場建設(土地 779m²  建物 676m²)
組立部門及び機械加工部門を移設
平成14年01月
NCT PEGA358 及び プレスブレーキ80T導入精密板金加工部門の量産アップを計る
平成15年06月
OKK(大阪機工製)マシンニングセンターVM5−II Aタイプ導入
平成17年11月
入間市狭山台工業団地内に新工場建設(土地 990m²  建物 756m²)
板金加工部門を移設し広スペースにより、効率アップを計る
同時にNCTへの材料(多種)自動供給装置を導入
これにより24時間無人生産が可能となり、生産性アップ及びコスト対応が容易となる